「またみんなと50年後に会える口実ができたので、よかったです」

コスタディ神戸 はばタンメッセージボード

「50年後の自分にメッセージを送ろう!」という、県庁1階「はばタンメッセージボード」。

今日は、神戸市の学生交流拠点「Co-STUDY(コ・スタディ)神戸」に集う大学生7名が、小雨降る夕暮れの道を、メッセージを書きに訪れてくれました。

写真の女の子が、明日から留学先のカナダに戻る前に、思い出をつくろうという企画だったようです。

 

コ・スタディ神戸 はばタンメッセージボード

 

 

「70代の私へ。」

「肝臓もろもろ無事ですか?」

「何があってもあきらめるな!」

「世界の子ども達が”らしく”生きれる社会貢献しとるぞ!」

「楽しく生きてください!」

20歳前後のフレッシュな言葉が並びます。

 

コ・スタディ神戸 はばタンメッセージボード

「え、そんなこと書いたの? なんか……らしいね」「え、そっちは?」

 

 

コスタディ神戸 はばタンメッセージボード

中央の彼女は、明日の朝、カナダに旅立つのだそう。仲間との思い出とともに、行ってらっしゃーい!

 

それから、1号館の南側芝生広場、メッセージボードにくくりつけにいきます。

 

コ・スタディ神戸 はばタンメッセージボード

 

メッセージボードには、たくさんのメッセージがすずなり。

どれもピュアで、まっすぐで、自分のが終わった後も、ひとつひとつ、つい見入ってしまいます。

 

 

「これ見て? オレたち、完敗。」

誰かのそんな言葉がして、「なになに?」と問いかける声があって、みんなが集まってきます。

その視線の先にあったのが、これ。

 

はばタン メッセージボード

 

 

県庁見学に来た、10歳の子かな?

とすると、2069年、彼か彼女が60歳の時に、この場所で、このメッセージと再会するのかな。

 

なんか……『君の名は。』みたいで、泣けてきました。

そのとき70代になっている今日の大学生のみんなと、ここで会えたら、楽しいね。

「あ! 50年前、みんなで『完敗や』って言うてたんよ! あなたやったんやねー!」って。

 

帰宅後、カナダ行きのパッキングをしている彼女から、メッセージがありました。

「またみんなと50年後会える口実ができたので、よかったです!」

 

 

※メッセージボードは、2019年3月末まで設置予定です。私も書かなきゃ! きゅーじゅーご歳の、私へ!

 

お問い合わせ

記事についてのより詳しい情報や、画像の提供、転載等についてのお問い合わせはこちら。

なんでも聞いてね。