新型コロナ対策の解説/ため池マン/俺のふるさとの話を聴け~♪ー2021年・広報官の注目ポイントベスト3

kiss FM

ラジオ「Kiss FM」で、兵庫県広報官という仕事のことと、広報官として今年注目ベスト3を紹介させていただきました。

「広報官」は、どんな仕事?

私の仕事は、遠い「行政」と「みんな(私たち)」を少しでも近づけることです。

  1. 県がしていることはとても多いので、各担当の職員がおのおの「これは、どういう人を、どう幸せにするためにやっています」と説明(広報)できるようになるためのサポートをしています。
    具体的には「住民主役」と「協働」を、兵庫県広報のテーマに掲げて取り組んでいます。
  2. 私たちの「ふるさと」への思いを、兵庫県と共有していく場をつくっています。

大変な時代だから、力合わせて、乗り切りたい。その橋渡しをする仕事です。

2021年の注目ベスト3

↓↓<第3位>

『わかりにくい新型コロナ対策の、痒いところに手を届かせたい! Youtube「なおみチャンネル」』

県の会見や発表だけではわかりにくいところを、広報専門員の清水奈緒美さんが、池上彰ばりに取材して解説しています。

https://www.youtube.com/channel/UCsexw4hzaMdihWksv6NRPpg

もうひとつ、清水さんの連載「突撃! 隣の県職員」も、ぜひ注目を。
現場でコロナ対策をしている県職員の生の声を聴いていただけます。
たとえば、「夫婦で鬱になりそう」という電話を受けるコールセンターの女性はどう対応したか。
あるいは、医療の現場で「自分なんかが入っていいんだろうか」と思いながら取り組む「新型コロナ臨時重症専用病棟立ち上げ」の現場とは。

「県」というと、偉そうに見えますが、血も涙もある人間が、とくに今回のコロナ対策では悩み続けながら現場にいます。
どんなかんじか、よかったらドキュメンタリーとして見ていただければな、と思いますー。
https://hyogopicks.jp/category/neverhood/

↓↓<第2位>

『兵庫県の誇る自然を、なりふり構わず守る姿に大注目!参加もできる「ため池マン」!』

兵庫県は、実はため池の数が、全国一位。
地域の生物多様性の源となっている「ため池」を守る活動を、アニメ声優さんたちのチームが、<ため池マンを増やす>という斬新な方法でやってます。
今、こどもため池マン35000人以上で、おとなため池マン1000人変身プロジェクト中。自分の手で、地域の自然を守るチャンス!
ため池は、防災上も大きな意味があるので行政もむちゃくちゃ頑張ってるのですが、こうしてみんなが一緒にやってるのが、ほんとに素敵やと思うんです。これ、すごくSDGsじゃないかな?
http://www.t-sp.com/kotaro/

↓↓<第1位>

『俺の、俺の、俺のふるさとの話を聴け~♪「U5H兵庫五国連邦」』

「住民主役」の兵庫県だもの。みんなで、ふるさと五国を語り合う場をつくりました。
(「兵庫県を語る」より「播磨を語る」「神戸を語る」の方が、みんな盛り上がるんだもの。さすが、明治維新まで1300年の歴史をもつ「五国」だわ)
具体的には、こんな企画をやっています↓

  • 「ふるさとあるある投稿」&漫画化企画
  • 「宝塚ファミリーランド」や「阪神パーク」や「丸刈りの中学生」など、かつてあったけどいまはなくなったものを語る企画
    (「JR三ノ宮駅南側、神戸新聞会館の壁面の富士山」は、謎を追いかける番組を制作)
  • ポスターを県外の同じ名前の駅に貼って、町ブラする企画(淡路のポスターを大阪の淡路駅に、播磨のポスターを高知のはりまや橋に)
  • 方言をつかった大喜利企画(大賞は「やっさ好っきやねん」)
  • 森山未來さんなど兵庫県出身の方に思い出のグルメを教えていただく企画
  • 五国のお洒落さんと生き方を写真で紹介するGOKOKU SNAP

そんなことを、もりもりやってます。よろしければ、覗いてみてください。
そして、あなたが愛する、あなたが失いたくない「ふるさと」を、ぜひ届けてください。

https://u5h.jp/

※4コマ漫画は、実は「県民だよりひょうご」に毎月掲載中です。よかったら”ノールック・ポイ”する前に、ぜひ見てみてくださいね!

こういう困難な時代、本当に絶望したいくらいのことがたくさんあります。
でも、だからこそ、分かれるのではなくて力を合わせて、乗り切れたらいいなと思ってます。

だって、ふるさとなんだもん。

微力ではありますが、1mmずつでも、「あ、ここがふるさとでよかったな」と思える瞬間が増えるような取り組みを続けたいと思います。

よろしければ、引き続き、お力をお貸しくださいませ! 一緒に、少しでも幸せでいられるふるさと、つくれたらいいなと願っています。

お問い合わせ

記事についてのより詳しい情報や、画像の提供、転載等についてのお問い合わせはこちら。

なんでも聞いてね。