だって、人生1回しかないですよ。

【WMGをする人】vol.02 だって、人生1回しかないですよ ~松本和美さん・ オリエンテーリング~

オリエンテーリングたじま2日間大会(2019年10月26(土)&27(日)開催)。
1日目、競技終わりの女子更衣テントの中で、ものすごく鮮やかな手際で着替えとアフターケアをしている女性がいました。
徳島県から参加の松本和美さん(64歳)。「優勝」に「全国ほとんど遠征した」に…聞けば聞くほど、すごいワードが飛び出ますが、「40年、ずっとそういう生活なんでね」。松本さんは、あくまでケロッとお話しされるのでした。

山の子やったので、自分に合ってて(笑)

清水 オリエンテーリングを始められたきっかけって、何だったんですか?
松本 社会人になって、会社勤めをしてた時に、「オリエンテーリングの常設コースがあるから、行ってみーひんか」と誘われたのがきっかけやったんです。それが19歳くらいで。もともと、スポーツは好きだったんですが、家ではさせてもらえなくて…。運動クラブに入ると、帰りが遅くなるでしょう。家の手伝いをしなあかんかったんで。
清水 そういう理由ですね。
松本 でも、走るんが好きで、中学ではマラソン大会は1位になるくらい。私、山の子なんで、毎日登校で鍛えられてたんですね、体は小っちゃいですけど。香川か岡山の常設コースに行って。その後、中四国大会に出たんですけど、優勝しちゃって、1回目で。で、優勝したので、その上の西日本大会出たらそこでも優勝しちゃって、全国大会にも行けたんです(笑)。あまり人数もいなかったですけどね。
清水 いきなり優勝しちゃったら、楽しくてしょうがないんじゃないですか?
松本 小さいころから山は遊び場だったので、「なんか自分に合って」っていう感じですね。ちょうど「何かしたいな」と思ってた時だったのもあって。

 

 

インタビュー記事の続きは【ワールドマスターズゲームズ2012関西 兵庫県実行委員会サイト】
「vol.02 だって、人生1回しかないですよ ~松本和美さん・ オリエンテーリング~」(クリックで外部リンクへアクセス)

お問い合わせ

記事についてのより詳しい情報や、画像の提供、転載等についてのお問い合わせはこちら。

なんでも聞いてね。